高利回りが人気の外貨預金

バブルが崩壊してから景気があまりよくない状況において資産づくりは非常に難しくなっているようです。満足できるような利益を得ることができないことから、資産形成に効果のある方法が求められるようになっています。

いま投資への関心も期待されるようになっていますが、投資では高いリスクが問題とされています。そのことから、これからの資産形成ではリスクの少ない方法がよいのですが、銀行預金でも金利が低いことから、預金では利息においては満足できないようです。

最近は、国内の預金では期待できないので、金利の高い外国で行なう外貨預金が注目されています。外貨預金は、円をアメリカドルなどに変えて外国で預金を行なう方法で、この方法では、日本よりも高い金利による利益と為替差益による利益が得られることが期待されています。

このように外貨預金は、資産運用として効果が期待されています。ただし、国内預金とは違って元本が保証されないことを理解する必要があります。

高い利回りによる外貨預金の場合、為替変動によって損をしてしまうといったことがあるのです。そのことから、外貨預金は、資産づくりに効果があっても通常の預金とは違うことに注意する必要があります。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>